SilverWay47

銀粘土作品 +α~Ω

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

実験報告

こんばんは、Rika-Cです。

最近 Silver Way 47 では
PMC sterlingに注目して実験を進めていますが
そのうちの一つをご報告します。

乾燥体

右がPMC3、左がPMC sterlingで作ったそれぞれオープンハートの乾燥体。
どちらも2gで作っています。
(画像の段階ではまだ繋いでいません)
大きさもこの段階ではほぼ一緒です。

仮焼成

右はPMC3の焼成完了後
左はPMC sterlingの仮焼成終了後です。
ここではPMC3の方が小さいですね。
sterlingの大きさが焼成前とほぼ同じ、と思うと
収縮具合がわかります。

このあと、sterlingは本焼成(還元焼成)を行います。

完成

研磨後、右がPMC3、左がPMC sterlingです。
最終的にはPMC sterlingの方が小さくなりました。

画像では判りづらいのですが、教室で生徒さんに見せたところ
PMC sterlingの方がより光って見える、との御意見でした。

PMC sterlingはPMC3より傷がつきにくいとのことですので
しばらく使ってみて、傷のつき具合を実験してみたいと思います。

焼成の工程が面倒だったり、PMC3でなら造作もなくできることが
できなかったり(難しかったり)といった問題はありますが
長所も色々ありそうなPMC sterling。

Silver Way 47では、しばらくこの素材の実験を
続けていきたいと思っています。

| 作品(銀粘土) | 20:58 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。