SilverWay47

銀粘土作品 +α~Ω

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

今ならわかる

こんばんは、Rika-Cです。

Leoさんの新しいsterling課題、次回勉強会が楽しみですね。

千jinさんのお嬢さんは宝塚受験したいと言い出さないかな?
(まだ受験できる年齢でしたでしょうか?)
一度だけ東京宝塚劇場に行ったことがあります。
主役は大地真央さん、相手役が黒木瞳さんと言う
今にして思うと大変豪華な顔ぶれでした。

わたくしの銀粘土教室にて
初の講師認定が出そうです。
元々講師資格を取ることを目的としてうちの教室に来た生徒さんで
カリキュラムを一つ一つこなしていましたが
このたび転職で中部へ転居することになったので
残りの課題をクリアするべく、今頑張っています。
他の生徒さんとの公平性を期すため、転居するからという理由での
手加減は一切しません。
いくつか残った制作物は実物を郵送してもらいますが
仕上がりに満足がいかないなら作り直してもらいます。
それが卒業を控えた彼にできるわたくしの最大のはなむけですので。

さて、うちのクラスでの認定条件として
協会の要求する技術課題の他、デザイン課題を課しております。
生徒さんが今後講師として活動していくときに
デザインができないと行き詰まってしまうからです。

このデザインメソッドは、わたくし達が師匠から教えて頂いたのと同じもの。
当時はとにかく課題をクリアする事だけに必死でしたが
10年近くたった今、そのデザイン課題を通して
師匠がわたくし達に何を学ばせたかったかがはっきりとわかります。
師匠に教えて頂いたことに、わたくしがこの10年で得たものを少し加味して
生徒さんにお伝えします。
この生徒さんが講師になって、デザインメソッドを教えることになるのは
おそらくもう少し後のことと思いますが
その時にわたくしが何を教えようとしていたのかを真に理解して
彼らなりのプラスアルファを加え、彼らの生徒さんに伝えてくれるなら
講師としてこれ以上の喜びはありません。

いつか孫生徒、ひ孫生徒の作品を見せてもらうのを楽しみに
ラストスパートで卒業間近の生徒さんをしっかり指導したいと思います。

| 未分類 | 20:40 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。